スピリチュアルカウンセリング

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:コーチング

 

 

未来調整(R)の話に入る前に・・・

 

 

私はこれまでにいろいろなスピリチュアル的なセッションを受けてきたことを以前の記事で書きましたが・・・

 

シンプルに分けると、

 

1.当たる、当たらない、という占いの初歩的なもの(あくまでも初歩的なもので、占いも極めていくとすごいです)

 

2.自分の潜在能力を高めるためのもの(自己啓発関連)

 

3.能力者によって、視えたり、聞こえたりしたものを教えてもらうもの(いわゆるスピリチュアルカウンセラー)

 

という感じです。

 

興味本位もありましたが、基本的には、「困っている自分」を解決するためにセッションを受けていました。

 

それぞれの結果は、シンプルにすると以下のような感じです。

 

1.については楽しかったです。やはり、自分を知るということは楽しいです。

 

2.自分の視点の広がり、世界の広がりを体験することができました。

 

3.はたくさん困ったことを解決できました。そして、自分の弱さと強みも知ることができました。

 

 

こうして書くと、良いことばかりのように見えますが、たくさん受けてきただけの問題点もそれぞれにありました。

 

1.は簡単で、自分を知って喜ぶだけで、その後の「じゃあ、どうする?」が欠如しています。

 

2.は「広がり」のさらに外の領域を認識できないため、やはりこれだけでは限界があります。限界を否定する方も多いでしょうが、もし限界がないとしても、成長のスピードにはどうしても時間がかかります。

 

3.については、少し長く書きますね。

いわゆる、能力者による高次な領域とのコンタクトなのですが、その「高次の領域」というのは非物質という意味でもあり、非物質存在もピンキリということになります。非物質存在もレベルがあり、低い存在とつながっている人のアドバイスはむしろ人生を狂わせてしまいます。

 

その能力者のアンテナがどのレベル(高低)に繋がっているのか、ということもそうなのですが、どの距離・深さ(時空)までリーチできているのか、ということも大切になります。ある意味ここはセットのようなものです。

 

「距離・深さ」という意味をもう少し詳しく書くと、たとえば、あるスピリチュアルカウンセラーの方がその人の未来に関して視えたものを伝えるとします。近い未来で見ると、一時的に良いのかもしれませんが、もっと先の未来や深い領域から観てみると、はたして本当にそれで良いのか?という問題が出てきます。

 

つまり、一時的な困難回避には良いかもしれないが、もっと長い視点から見ると、もっとその方の魂に適したアドバイスがあり、むしろ一時的な回避はかえって遠回りになる、ということもあるのです。

 

特にスピリチュアルカウンセラーが低い存在と繋がっていると、「視せられた」、「聞かせられた」内容が、かなりズレたものになる可能性が大なのです。特に、いろんな意味でエゴが強いカウンセラーにその傾向があります。

 

また、出会った当初にそのカウンセラーが素晴らしいと感じていたとしても、その方の波動が変わり、違うチャンネルにつながってしまう、もしくは非物質な存在が離れて、自分の妄想だけで話している、なんてことも普通にあるのです。

 

それと、あなたがセッションを受けていて、いつも気分が良くなることばかり言ってもらいながらも、まったく変化が感じられない場合も要注意です。

 

レベルが高い存在とつながっている方のセッションは、いつも耳ざわりの良いことばかりはけっして言いません。「困ったことの解決」という視点よりは、「その人の魂の成長」という視点になるため、本人が乗り越えなければいけない領域に必ず触れることになるため、時には耳が痛い内容も含まれることがあるはずだからです。

 

このあたりは、能力者があなたを成長させるためにアドバイスをしているのか、それともあなたをコントロールしようとしているのかを見極めなければいけませんね。コントロールする場合は「恐怖や不安」というネガティブな要素が絡んでくるので、ある意味判断しやすいかもしれません。

 

最初はフワフワ耳ざわりの良いことを言っていながら、あとで足元をすくわれるような感じです。

 

もし、あなたが特定のアドバイスを受けている人がいるならば、ぜひ以上のような観点からもう一度よく見つめてみてください。

 

 

もし自分がスピリチュアルカウンセリングを受けてきている過程で

 

「キビシイ・・・」

 

と感じていたとしても、きちんと前に進んでいる厳しさなのか、それとも、自分が望まない状況に進んでいくのか、ご判断ください。

 

 

昔は審神者(さにわ)という、きちんとその能力者が正しい存在とつながっているのかを判断できる人がいましたが、今はスピリチュアルが自由に闊歩していて、自由にやっている方が多いです。ある意味無法地帯と言える時代かもしれません。

 

ぜひ、ちゃんとご自身の「魂の成長」へとつながるものを選んでいただきたいと願います。

 

私自身も、困ったことは日々起きますが、今は「困ったことの解決」というよりは「魂の成長」を主眼に置いています。その方が、結果的に困ったことも解消されていきます。

 

 

コメント